FC2ブログ

いつまでも、青い春。

スキーに人生かけちゃった男の独り言。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 イメージと現実 その2 

昨日の続きですが・・・


イメージと実際の動きに関してもう一つ気を付けていることがあります

それは「人からアドバイスしてもらう場合」。。。


自分でもわからない時はやっぱり人に見てもらうことが多々あります 今はまだスイッチスピンに関しての謎が多く、自分より上手なライダーにアドバイスをもらうのですが・・・

基本みんなそれぞれにイメージがあってソレだけ聞いていると十人十色状態 ただ、みんなの飛びを映像などでよくよく見てみると要点は大体一緒なんですね ってことはイメージは違ってもやってる動きは同じってことになる
同じ動作をしているのにイメージが人それぞれってことは、アドバイスしてくれるライダーのイメージをバカ正直に受けるのも考えもの アドバイスしてくれてるのに大変申し訳ないのだが、やはりそこは冷静にジャッジするもう一人の自分を立てて「アドバイスしてくれるカレのイメージは十分参考にするけど自分の身体とイメージのシンクロを最優先に・・・」的な発想でアドバイスを聞く

カレのイメージを自分のイメージと動きに翻訳するって作業が必要となるワケです



このノウハウは自分のレッスンでも生かしています

生徒さんが飛んだらどうこう教える前に今の一本がどんなふうに感じたか本人に聞く その感想を聞いてからアドバイスするのがボクのスタイルなんですが、生徒さんのイメージと動きをまずボクが受け入れてその生徒さんになったったつもりで一回考えてみる そしてその生徒さんにとって最良のアドバイスをする。。。




それでもやっぱり・・・

イメージは完璧なのに身体がシンクロしないボクはつくづく凡人だと気付かされますが、凡人は凡人なりに一歩一歩進んでいくしかないんでしょうね











スポンサーサイト



| スキー | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://o36corefree.blog23.fc2.com/tb.php/522-04aaef6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT